全身脱毛

脂肪の分解

テレビや雑誌で、脂肪を分解するダイエット食品を取り扱う機会が増えています。健康食品やダイエットグッズでも、脂肪燃焼を目的とした食品やサプリメントなどが多くなっています。脂肪は多かれ少なかれ、人間の体にあるものなのですが、脂肪が付き過ぎることで肥満の原因となります。体重を気にしてダイエットに励む人も多いようです。脂肪が体に付きすぎて、体重過多となる原因としては食べ物から摂取する脂肪分が多いことが挙げられます。体内の脂肪は、常に合成され、分解され、エネルギーとして使用されています。合成と分解は食事や運動によって左右されるのですが、合成と分解とのバランスが体内の貯蔵脂肪の量を決めることにもつながります。肉や油、炭水果物などを多く摂取すると、使うエネルギーより体内に取り入れるエネルギーの方が多くなりがちで、結果的に脂肪が溜め込まれていきます。逆に、運動などの消費で、脂肪を分解することが活発になれば体につく脂肪の量は減ってきます。体脂肪を減らし、肥満体型にならないようにするには、脂肪を合成させないことです。肥満対策には、体内に蓄積されている脂肪を使うようにすることです。体内に取り入れるカロリーを抑えつつ、運動量を増やすことで脂肪の分解を促進し、ダイエットが可能です。